ブドウ糖(グルコース)

ブドウ糖(グルコース)はもっとも代表的な糖の一種であり、人間に関わらず生物にとって重要なエネルギー源と言えます。

ヨーグルトができたのはブドウ糖(グルコース)のお陰と言っても過言ではありません。

ヨーグルトには乳酸菌が欠かせませんが、その乳酸菌のエネルギー源がブドウ糖(グルコース)です。乳酸菌はブドウ糖(グルコース)を摂取して、乳酸を産出します。乳酸は牛乳に含まれるタンパク質(カゼイン)を固まらせます。そうしてできるのがヨーグルトです。

乳酸菌がブドウ糖(グルコース)を摂取して乳酸を産出する現象は自然界において様々な場面で起きています。例えば、果物が傷むのは、傷がついたところに乳酸菌が入り込み糖を乳酸に変えるからです。

ブドウ糖(グルコース)は当然に人間にとっても重要なエネルギー源です。特に脳の唯一のエネルギー源ですので、ブドウ糖(グルコース)がなければ人間は生きていけません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

EPS(菌体外多糖・細胞外多糖)

EPS(菌体外多糖・細胞外多糖)

EPSとはExopolysaccharide(エキソポリサッカライド)の略で、日本語では菌体外

記事を読む

乳糖 (ラクトース)

乳糖 (ラクトース)

乳糖 (ラクトース) とは牛乳に含まれることで知られる糖成分です。 牛乳からヨ

記事を読む

ラクターゼ

ラクターゼ

ラクターゼとは、牛乳からヨーグルトが作られる際に乳酸菌のエサとなるブドウ糖(グルコース)を生産

記事を読む

癌(がん)の予防
癌(がん)の予防

癌(がん)を予防する食品としてヨーグルトは有効な選択肢の一つにな

ストレスの緩和・解消
ストレスの緩和・解消

ストレスの緩和や解消、睡眠障害の改善など精神安定を促す効果がヨー

痛風の予防・改善
痛風の予防・改善

ヨーグルトは痛風の予防および改善に効果的な食品の一つです。正確に

血中コレステロール値を下げる
血中コレステロール値を下げる

ヨーグルトは血中コレステロール値を下げる食品として知られています

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(いがん)予防・改善
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(いがん)予防・改善

ヨーグルトは近年、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(がん)を予防もしく

→もっと見る

PAGE TOP ↑