乳糖 (ラクトース)

乳糖 (ラクトース) とは牛乳に含まれることで知られる糖成分です。

牛乳からヨーグルトができる過程では、この乳糖(ラクトース)がラクターゼという酵素によってブドウ糖(グルコース)とガラクトースに分解され、そのブドウ糖(グルコース)が乳酸菌のエサとなって増殖します。

つまり、牛乳からヨーグルトができるのはこの乳糖(ラクトース)のお陰です。

しかし、牛乳を飲んでお腹を壊す人がいるものも、この乳糖(ラクトース)が原因です。

小腸では乳糖(ラクトース)を分解するラクターゼが分泌されますが、日本人はこのラクターゼの分泌量が少ない傾向があり、乳糖(ラクトース)をうまく分解できない人が多くいます。

乳糖は水溶性であるため分解できないと腸内の浸透圧バランスを崩してしまい、下痢を起こすことがあります。こういった乳糖を分解できない体質を乳糖不耐症と言います。

牛乳からヨーグルトができる過程では乳糖(ラクトース)が分解されるため、牛乳よりは乳糖(ラクトース)が少ないものの完全には無くなりません。

その為、重度の乳糖不耐症の人はヨーグルトを食べても下痢などの症状が起きます。

尚、豆乳には乳糖(ラクトース)が含まれていません。

それでも豆乳ヨーグルトができるのは、豆乳に乳糖(ラクトース)の代わりとなるオリゴ糖が含まれているからです。

豆乳からヨーグルトができる過程では、乳酸菌はオリゴ糖をエサにして増殖します。

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

ブドウ糖(グルコース)

ブドウ糖(グルコース)

ブドウ糖(グルコース)はもっとも代表的な糖の一種であり、人間に関わらず生物にとって重要なエネル

記事を読む

EPS(菌体外多糖・細胞外多糖)

EPS(菌体外多糖・細胞外多糖)

EPSとはExopolysaccharide(エキソポリサッカライド)の略で、日本語では菌体外

記事を読む

ラクターゼ

ラクターゼ

ラクターゼとは、牛乳からヨーグルトが作られる際に乳酸菌のエサとなるブドウ糖(グルコース)を生産

記事を読む

癌(がん)の予防
癌(がん)の予防

癌(がん)を予防する食品としてヨーグルトは有効な選択肢の一つにな

ストレスの緩和・解消
ストレスの緩和・解消

ストレスの緩和や解消、睡眠障害の改善など精神安定を促す効果がヨー

痛風の予防・改善
痛風の予防・改善

ヨーグルトは痛風の予防および改善に効果的な食品の一つです。正確に

血中コレステロール値を下げる
血中コレステロール値を下げる

ヨーグルトは血中コレステロール値を下げる食品として知られています

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(いがん)予防・改善
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(いがん)予防・改善

ヨーグルトは近年、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌(がん)を予防もしく

→もっと見る

PAGE TOP ↑